良く見る良く聞くキャッシング会社

テレビや広告で良く見るキャッシング。
テレビCMなどで良く見るキャッシング会社はイメージUPや知名度を上げる為に様々なタレントを起用しています。
テレビCMをしているからと言って良い会社とは言い切れないのですが、タレントを起用できるだけ広告費を使える会社であれば、比較的安心して利用できると思います。
いざキャッシングをする時に、知名度は大きな判断材料になるので、その会社のホームページを確認して、近隣の店舗があるか、金利や返済方法。借入方式などを合わせて検討することも1つの方法です。
さらに、ネット社会では口コミでその企業を利用した人の生の声も聞けます。
企業のサイトではいい面しか書かれてません。しかし口コミではメリットもデメリットも書かれています。判断に迷ったら見てから判断するのもいいと思います。

キャッシング会社はどこをみてる?

キャッシングを利用するにあたって一番気にされている事は審査が通るかという事だと思います。
悪寒を借りるにあたって絶対に避けては通れない審査という壁。
審査の仕組みについて簡単に解説します。
キャッシング会社にとって一番大切な事は貸したお金がちゃんと返ってくるかどうかと言うところです。

そのためにお金を貸しても大丈夫な人かどうかを調べるのが審査です。
この人はどんな仕事をどれくらいの間続けているのか、家は持ち家か毎月家賃を払わなければいけないのか。他の会社から借入があるかどうか。借入したら年収の三分の一を超えていないか等々を見て審査が進みます。
年収の三分の一はすべてのローンやキャッシングを含めた量なので他の所で多く借りているとこれに引っかかってキャッシングの審査が通らない事があります。

借りられる額を簡単シュミレーション

ではどれくらいの額まで借りれるのか、それは年収から割り出されます。

多くの消費者金融が、複数の会社のローンの合算が、借りたい方の年収の三分の一までは貸し出せるという暗黙のガイドラインを使っています。そのため、キャッシングの審査で借入を記入する欄があります。
たとえば年収300万円の方なら100万円まで、年収900万なら300万まで借りられる計算です。

年収三分の一のガイドラインは貸付会社にとって、これくらいなら返済可能だと見込んだ数字です。それよりも借入金額が多くなると借主が返済に苦労し、お金が返ってくる可能性が低いだろうと予想してのラインです。
この三分の一のガイドラインで自分でシュミレーションして、今後マネープランの参考に賢くキャッシングしていきましょう。